仲六郷,雑色駅,タイヤ公園近くカイロ | J.G.Iカイロプラクテイック 工藤治療院


過去の臨床例

右肩関節炎 葛飾区在住 男子 中学三年生 甲子園を目指す野球少年

野球で肩を痛め硬球を投げるどころか、持つことも出来ない状態、半年前から近くの接骨院や整形外科等通院するも改善されず、紹介で来院 稼働制限有で激痛と言う症状、ニューロリンクテニックにより頭蓋骨、頚椎、胸椎、腰椎、骨盤から足先までの筋緊張を取り除き、次、頸椎のサブラクションをカイロプラクティツクアジャストメントにより治療、稼働制限及び激痛を半減させる、治療後テーピングにより更に改善一週間に四回の通院で普通にボールが投げられるようになりました、その後定期的メンテナンス続け、名門高校に入り三年生には野球部のキャプテンになるも、残念ながら甲子園には届きませんでした。